読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

veiros's アドバンスド大戦略2001 blog

ADVANCED大戦略2001完全版を本気でプレイするブログ

ツェルベルス作戦(2)

「馬鹿な・・・無敵のルフトヴァッフェが・・・! もう終わりだ・・・メッサーシュミットを失い、フォッケウルフを失い、もう戦闘機は何も残っていない・・・」

などとしょぼくれるべいろすに総統がこう仰いました。

「何を言うveiros。お前にはまだ残された武器があるじゃないか。それは命だよ

つまりそれって死ねってことですか……!

 

というわけで夜はBf110が、昼はBf109がただひたすら堪え忍ぶ戦いが展開されました。イギリス軍は初期資金が乏しく、ある程度ダメージを与えれば航空機の補充ができなくなる点が幸いしました。

出撃枠と格納枠が厳しいので、召還コマンドや合流コマンドなどを計画的に使い、夕方には夜間戦闘機を、朝方4時にはBf109を出撃準備させることが抗戦の肝かもしれません。

f:id:veiros:20120307223110p:plain

運良くドイツ軍の艦隊がドーバー海峡を突破したので、多数の敵雷撃機や駆逐艦から護衛任務に就きます(敗北条件が艦隊全滅。あと2隻まで減らされました)。また戦場としては第二首都に移転したことがプラスに働きました。

精鋭戦闘機部隊をいくつか失うなど、損害は大きかったですが、この大空軍戦マップを制限ターンまで堪え忍ぶことに成功。本プレイ初の引き分けとなりました。

f:id:veiros:20120307222837p:plain

反省点としては工作部隊なんて出してる暇は無いということと、待ち伏せと逆襲に徹する姿勢で臨むべきだったでしょうか。あとは深追いせずに消耗抑制。相手が空港に逃げ帰れば、しばらくは空港からでてこないわけで、戦線が楽になります。無理して全滅狙いする必要は薄かったかもですね。ただ敗北軍事費で勝つには爆撃機を飛ばす必要があるわけで、このマップでの勝利はかなり難しいのではないでしょうか。